メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長く活動できて幸運 紫綬褒章・川上弘美さん(61)=小説家

作家の川上弘美さん=東京都新宿区で、根岸基弘撮影

 日常に幻想が入り込む独特の作品世界で知られる小説家だ。「書き続けてこられたのは読者の方々がいたおかげで、ありがたかったと思います」と謙虚に喜びを語った。

 1994年にデビュー。「蛇を踏む」で芥川賞受賞、「センセイの鞄(かばん)」はベストセラーに。現在は芥川賞選考委員。「晴れがましい褒章をいただくこ…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです