メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第5日 女優ペネロペ・クルスさんの役作り

記者会見場に姿を見せたペネロペ・クルスさん(右)、ぺドロ・アルモドバル監督(右から2人目)ら=フランス・カンヌで2019年5月18日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭が14日に開幕して以来、この時期の南仏としては珍しく、曇りがちな肌寒い日が続いていたのですが、5日目の18日は冷たい雨が降り続く一日になりました。それでも期間中初めての土曜日とあって、マルシェ(映画の見本市)の関係者や観光客が増えてきました。カンヌの小さな町は世界中の人であふれています。

 この連載では、コンペティション部門の作品については毎日、「今日のコンペティション」欄でご紹介していますが、このうち、17日に初上映されたぺドロ・アルモドバル監督の「Pain And Glory」の評判が上々です。映画祭期間中、毎日発行される映画誌「SCREEN」の名物企画、コンペ作品の「星取表」では、10人の批評家による星の数(最高四つまで)が平均3.4となり、これまでの作品の中で最高となりまし…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです