メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガトリンに10センチ ラスト差され 桐生悔しい10秒01 

男子100メートルで、2位でフィニッシュする桐生祥秀(手前から2人目)。手前は1位のジャスティン・ガトリン=大阪市のヤンマースタジアム長居で2019年5月19日、平川義之撮影

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートルで桐生祥秀(日本生命)が10秒01(追い風1.7メートル)をマークして2位に入った。2017年世界選手権金メダルのジャスティン・ガトリン(米国)が10秒00で優勝した。

 桐生が隣のレーンの世界王者・ガトリンと最後の最後まで競り合った。滑らかな加速で中盤ではわずかにリード。ラストでわずか10センチ差されて「世界で死闘をしてきた選手と、まだ世界の決勝に立っていない選手の差が少しあった」と悔しさをにじませた。

 それでも、一皮むけた感がある。昨年までは競り合いになると心を乱し、9秒98の自己ベストがありながら…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです