メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

トーシューズのまま軽やかに=斉藤希史子

今夏の現役引退を前に記者会見に臨んだ吉田都さん=宮本明登撮影

 「若さの芸術」と呼ばれるバレエ。定年が40歳という団体もある。フリーのダンサーは「いつ舞台から身を引くか」を、自ら決断しなければならない。

 日本が誇る名花・吉田都が、今夏の現役引退を前に10日、記者会見に臨んだ=写真・宮本明登撮影。決断の理由を、来年に迫った新国立劇場バレエ団芸術監督への就任と説明。「今は全てのエネルギーと時間を、踊ることに費やしています。不器用なので、監督業との両立は務まらないと思いました」。53歳。余力が惜しまれる一方、あっぱれな潔さに感じ入った。

 舞台生活35年の集大成として自らプロデュースする花道は、「ラストダンス」と銘打つ小品集(8月7、8…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文896文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです