メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

文学座アトリエの会「いずれおとらぬトトントトン」 現代社会の諸相を一刺し=評・濱田元子

左から、石田圭祐、加納朋之、椎原克知、沢田冬樹、亀田佳明=宮川舞子撮影

 アトリエという実験の場は、はじけた試みがよく似合う。「青べか物語」に続く、戌井昭人の文学座アトリエの会への書き下ろし。諧謔(かいぎゃく)にあふれる物語が、現代社会の諸相をチクリと一刺しする。所奏演出。

 アメリカンニューシネマの名作「カッコーの巣の上で」に着想を得て、1964年の東京五輪前夜の日本に置き換えた。

 さまざまな患者が入院する山奥の病院が舞台の物語は、のっけからくすぐる。針金のアンテナを手に「向こう…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文818文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです