メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

同じ目線で旅しよう 九国大の学生ら 座面上昇の車いす、海外ツアーの商品化目指す

ペガサスに乗って学生と共にバーのカウンターで注文する矢野さん(右)=2019年3月18日、九州国際大福島ゼミ提供

 車いすを利用する人に健常者と同じ目線で海外旅行を楽しんでもらおうと、九州国際大(北九州市八幡東区)の学生たちが、電動で座面が上がる車いすを使った海外ツアーの商品化を目指している。3月には初のモニターツアーがオーストラリアで実現。成果と課題を得た学生らは21日、北九州市で協賛企業への報告会を開き、夢への思いを語る。【宮城裕也】

 現代ビジネス学部で福島規子教授(観光学)のゼミに所属する3年の男子学生4人。3年前のゼミ生が婚礼用に開発した電動車いす「ペガサス」の活用策として、車いすの人に健常者が同行する海外旅行プラン「ペガサス・ボヤージュ」を企画した。福島教授によると、車いすの人が健常者の目線で旅行できる企画は全国初という。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです