メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

大阪市議選東成区 票の数え直し 混入や無効票を再点検 当落結果変わらず「確定得票数変動には意義」 /大阪

投票用紙を1枚1枚確認する大阪市職員ら=同市東成区の区民センターで、真野敏幸撮影

 4月7日に投開票された大阪市議選の東成区選挙区(定数3)の選挙結果を巡り、市選挙管理委員会は5月8~17日、票の数え直しを行った。公明党現職で立候補し、4票差で落選した則清ナヲミ氏(58)の異議申し立てによるもので、結果として当落の判定は変わらなかった。しかし過去には再点検で実際に当落が入れ替わった事例もある。市選管はどのような点検をしたのか。現場をのぞいた。【真野敏幸】

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです