メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金銅鎮鐸

正倉院鎮鐸、鋳造に2技法 東大寺造営時代の大型風鈴 技術伝達解明へ足がかり /大阪

 正倉院に伝わる19個の古代の大型風鈴「金銅鎮鐸(ちんたく)」が、釣り鐘の技法で作られたものと銅鐸(どうたく)の技法を用いたものに分けられることが正倉院事務所(奈良市)の調査で分かった。担当者は、東大寺造営に携わった鋳造の工人が2グループに分かれていたとの見方を示した。【大川泰弘】

 正倉院の鎮鐸は、寺の堂塔のひさしなどに釣られる風鐸と同じものだ。東大寺造営(大仏開眼は752年)の頃に作られ、聖武天皇の一周忌の法要の際、大仏殿の内陣につり下げられたとの記述が東大寺の文書にある。

 2タイプあり、胴の断面が円形の1号形は釣り鐘の、断面がひし形の2号形は銅鐸の鋳造手法で作られたこと…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです