メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立柱

平城宮跡南門で工事安全願う儀式再現 25、26日の特別公開前に /奈良

「曳き綱の儀」を再現する工事関係者ら=奈良市の第一次大極殿院・南門の工事現場で、加藤佑輔撮影

 国土交通省が復元工事を進めている平城宮跡(奈良市)の第一次大極殿院・南門(なんもん)が25、26日に特別公開されるのを前に、同所の工事現場で19日、記念セレモニーが開かれた。工事関係者ら約100人が出席し、工事の安全を願う儀式「立柱」を再現した。

 冒頭で国交省近畿地方整備局の黒川純一良局長が「完成まで工事を安全に実施…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです