メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の褒章

県内7人受章 /島根

 内閣府は春の褒章の受章者を発表し、県内からは7人が受章した。仕事に長年励み、模範となった人が対象の黄綬褒章に3人、公衆の利益に尽くした人に贈られる藍綬褒章に4人が選ばれた。発令は21日付。(敬称略)

 ▽黄綬褒章(3人)

田中富士夫 65 山陰管財代表取締役 松江

土江かず子 64 郵便集配受託者 出雲

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです