メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査

天皇陛下に肯定的7割 退位制度化、意見割れる

 毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施した。1日に即位された天皇陛下に対してどのような感じを持っているか尋ねると「好感」が34%で最も多く、「親しみ」27%、「尊い」9%、「おそれ多い」3%を合わせると、7割以上が肯定的な感情を挙げた。「特に感じない」は10%、「関心がない」5%、「反発・反感」1%、「その他」3%だった。(2面に関連記事と「質問と回答」)

 年代別にみると、「好感」「親しみ」「尊い」「おそれ多い」を合わせた肯定的な感情は40歳以上の中高年齢層で76%と相対的に高く、30代以下の若年層は58%と低かった。30代以下は、「特に感じない」が20%と全体の2倍だった。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです