メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北朝鮮・拉致問題

帰国願い22年、1341万筆 被害者家族会が初公開

の拉致被害者救出を訴える署名が入った段ボールの前で思いを述べる飯塚耕一郎さん(前列右から4人目)ら拉致被害者家族=東京都千代田区の砂防会館で2019年5月19日、山下浩一撮影

 北朝鮮による拉致被害者の帰国を求め、被害者家族らが22年かけて集め、政府に提出した約1341万筆の署名が19日、初めて公開された。拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)の母早紀江さん(83)は、「早く助けてあげたいと書かれた署名がすごい数で積まれている。一目会えるように(政府は)頑張ってほしい」と訴えた。

 署名は被害者の家族会と支援組織「救う会」が東京都千代田区で開いた集会で公開された。1997年に家族…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文642文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです