メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

弾道ミサイル、どんなもの? 放物線描き、遠方攻撃 核や生物兵器、搭載可=回答・町田徳丈

新型短距離ミサイルとみられるロケットの発射場面=2019年5月4日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 なるほドリ 北朝鮮(きたちょうせん)が最近発射した弾道(だんどう)ミサイルって何?

 記者 宇宙空間(うちゅうくうかん)に人工衛星(じんこうえいせい)を運ぶロケットと仕組みはほぼ同じで、とても高いところに上昇した後、高速で目標地点をめがけて放物線(ほうぶつせん)を描くように落下します。今月4日と9日に発射されたミサイルは米国などが分析中ですが、外見から、最大射程(しゃてい)約500キロのロシアの短距離弾道(たんきょりだんどう)ミサイル「イスカンデル」を北朝鮮が改良したもの、との指摘があります。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです