中国

日本の書籍翻訳、出版 テーマは格差、貧困 異例ヒット

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国で相次ぎ翻訳、出版された日本の格差や貧困などの社会問題をテーマにした書籍
中国で相次ぎ翻訳、出版された日本の格差や貧困などの社会問題をテーマにした書籍

 「格差」や「貧困」などをテーマにした日本の書籍が中国で相次いで翻訳、出版され、異例のヒットが続いている。中国では経済成長の伸びが鈍化し、米国との貿易摩擦の影響などから、中国人の間では「バブルの状態が崩壊するかもしれない」といった先行きへの不安の声も聞かれるようになった。こうした中、日本が抱える課題は、多くの中国人にとっても身に迫るものになっているようだ。【上海・工藤哲】

この記事は有料記事です。

残り2092文字(全文2279文字)

あわせて読みたい

ニュース特集