メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 バリアフリーをアプリで/交通事故から園児を守る/「トランプ流」にどう対処

 ◆ストーリー

    バリアフリーをアプリで 26日・日曜日 1面、ストーリー面

     車椅子利用者の織田友理子さん(39)は、街中にある施設や道路の段差やスロープなどのバリアフリーに関する情報を、多くの人で共有できるスマートフォン用アプリを考案し、普及に取り組んでいます。体の筋肉が徐々に侵される難病を患い、活動のきっかけは、自分の子どもを海に連れていきたいという願いでした。バリアフリーに力を注ぐ彼女の熱意に迫ります。

     ◆くらしナビ

    交通事故から園児を守る 21日・火曜日 くらしナビ面

     大津市で散歩中の保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故は、全国

    の保育関係者や保護者に衝撃を与えました。現場の保育士らの対応に問題はなか

    ったとされますが、園庭がない保育所の開設も国が認めていること、保育施設周辺の道路の安全対策が十分でないことなど、さまざまな問題が背景にあります。子どもを守るための取り組みを取材しました。

     ◆論点

    「トランプ流」にどう対処 25日・土曜日 オピニオン面

     トランプ米大統領が経済や安全保障分野で中国などとの対決姿勢を強めています。対中関税の大幅引き上げは世界経済に悪影響を与えかねません。米国の矛先は日本にも向いています。「米国第一主義」を強めるトランプ流外交に、対米一辺倒との批判もある日本はどう向き合うべきなのでしょうか。トランプ氏の来日(25~28日)を前に日米の識者に論じてもらいます。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
    3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
    4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです