メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

演芸評論家、元演芸番組プロデューサー・川戸貞吉さん=3月11日死去・81歳

=2016年7月撮影

深く愛した芸と落語 川戸貞吉(かわど・さだきち)さん=直腸がんのため、3月11日死去・81歳

 「これ、誰だかわかるか?」聴いた声だがわからない。「フフ、林家だよ」。震え声ではない、八代目・正蔵の威勢の良い頃の音だった。

 昭和50年代初頭のTBSラジオにアルバイトで入った私。寄席文字書きで落語会には出入りがあり、見たやつだと思われていたらしい。ご本人は早稲田大学落語研究会出身で、噺家(はなしか)、特に立川談志、先代三遊亭円楽とは昵懇(じっこん)。いっぽうで長時間のスタジオ使用、演出の厳しさで制作フロアの怖い存在。私は紹介もされず挨拶(あいさつ)しないままだった。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです