メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

テレビで「抗米」 貿易戦争意識 突然白黒映画、留学ドラマ中止

中国中央テレビ(CCTV)が急きょ放送した朝鮮戦争を描いた「抗米」映画の一場面=CCTVホームページより

 【北京・河津啓介】米中貿易戦争の激化を意識した中国当局の国内向け世論工作が活発になっている。テレビ局が突然、「抗米」をテーマに朝鮮戦争(1950~53年)を描いた半世紀前の白黒映画を連日放送。米国留学を題材にしたテレビドラマも19日からの放送が直前に中止となり、一部中国メディアは貿易戦争との関連を指摘している。

 中国中央テレビ(CCTV)の映画専門チャンネルは16日以降、夜のゴールデンタイムで、予定を変更し、…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです