メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

当世・就活生事情/下 通年採用へ、情報感度高めて

学生の就職活動について話す田中研之輔教授=東京都千代田区の法政大で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 会社説明会や面接のスケジュールを定めた「就活ルール」(採用指針)の見直しが進み、学生の就職活動を取り巻く状況は刻々と変化している。キャリアのスタートラインに、どのように立てばいいのだろう。就活に詳しい法政大キャリアデザイン学部の田中研之輔教授(42)に聞いた。

「歴史的な過渡期」

 --昨今の就活を巡る状況をどう見ていますか。

 大きな変化は、新卒一括採用から通年採用へ切り替える議論のスタートです。経団連は昨年10月、企業の採用日程を定めた指針の廃止を決め、発言を続けています。企業側は変化の激しい時代に対応するため、通年採用で良い人材を獲得したい。3年以内の新入社員の早期離職が相次ぎ、一括採用にはひずみが出ています。これは構造的な問題です。今までの就活にない歴史的な過渡期だと思っています。

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです