メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 復興へ歩む杷木小学校/4 仮設暮らし結ぶバス

スクールバスに乗り込んだ(左前列から)6年生の古賀さん、江上さんと、4年生の真田さん(後列右)=福岡県朝倉市で

 <kyoiku no mado>

 13日午後4時過ぎ、下校時間を迎えた福岡県朝倉市の市立杷木(はき)小学校からスクールバスが出発した。乗っているのは9人。「おーい」。運転席のすぐ後ろに座る6年生の古賀南帆さん(11)と江上夢月(むつき)さん(11)は、窓ごしに歩いて帰る友達を見つけては手を振った。通路を挟んだ反対側の席では、4年生の真田颯斗(はやと)さん(9)たち男の子3人が恋の話に夢中。バスはやがて筑後川にかかる橋を渡り、子どもたちが避難生活を送っている隣のうきは市に入った。

 2017年7月の九州北部豪雨の影響で、杷木小では今も全児童244人のうち約1割が、仮設住宅や、自治…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1077文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 古代ハス 行田で開花 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです