メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

◎特選

◎喧騒の銀座に刻(とき)の過ぎむとし入りし和光の深きしづもり 久留米市 荒木由紀子

【評】自分の落ち着く場所を、皆もつ。その店内で何も求めなかったとしても、足を運んだことで安らぐ微妙な心理。

巧みなる営業トークを聴きおれば声の背後に人の声する 秦野市 星光輝

嘱託といへども定職ある妻にけふも郵便物が来てをり いわき市 吉田健一

駐車場ばかりが増えるこの町に人は何をしに来るのだろう 名古屋市 杉大輔

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文436文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです