メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日歌壇

伊藤一彦・選

◎特選

◎おたがいに必要としていることは確かながらも違う割合 堺市 一條智美

【評】結句がポイントである。作者は自分の方がより相手を必要としていることを自覚している。恋心の切なさが伝わる。

春コートぽつぽつ丸く濡れてゆくうぐいす色の雨粒アート 堺市 天堀朱實

「あ、虹よ」娘がふいに言い放ち親子喧嘩はゲームセットに 北九州市 合馬博子

無いないと言いつつ誰もが持っている心の奥に光るプライド 直方市 石井真久良

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文438文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです