大相撲夏場所

貴景勝、再出場実らず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
碧山(左)にはたき込みで敗れる貴景勝=藤井達也撮影
碧山(左)にはたき込みで敗れる貴景勝=藤井達也撮影

8日目(19日・両国国技館)

 ここまで全勝の横綱・鶴竜は玉鷲に完敗して、土がついた。関脇・栃ノ心も遠藤にタイミングよく投げを打たれて初黒星を喫し、宝富士を破った平幕の朝乃山を含めて、3人が1敗で並んだ。

 右膝のけがで5日目から休場していた新大関・貴景勝がこの日から再出場したが、小結・碧山の変化に屈した。

 関脇・逸ノ城が右膝蓋骨(しつがいこつ)骨挫傷、幕内・魁聖が右上腕二頭筋腱(けん)断裂で、ともに8日目から休場した。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1330文字)

あわせて読みたい

注目の特集