メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

貴景勝、再出場実らず

碧山(左)にはたき込みで敗れる貴景勝=藤井達也撮影

8日目(19日・両国国技館)

 ここまで全勝の横綱・鶴竜は玉鷲に完敗して、土がついた。関脇・栃ノ心も遠藤にタイミングよく投げを打たれて初黒星を喫し、宝富士を破った平幕の朝乃山を含めて、3人が1敗で並んだ。

 右膝のけがで5日目から休場していた新大関・貴景勝がこの日から再出場したが、小結・碧山の変化に屈した。

 関脇・逸ノ城が右膝蓋骨(しつがいこつ)骨挫傷、幕内・魁聖が右上腕二頭筋腱(けん)断裂で、ともに8日…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1330文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです