メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

人工透析治療問題 生と死、果てなき問い 透析中止、読者の声

透析などの生命維持治療について意見を交わすパネリストたち=東京都の順天堂大で2019年5月18日

 「医師の責務に反する」「仕方なかったのでは」--。公立福生病院(東京都福生市)で昨年8月、腎臓病患者の女性(当時44歳)が外科医(50)から示された人工透析治療の中止に同意して亡くなった問題は、命について、重く鋭く社会に問いかけた。監督官庁の東京都は4月、女性らの説明記録に不備があったなどとして医療法に基づき病院に改善を指導した。病院の一連の行為を巡っては、毎日新聞が3月7日に初めて報じて以降、約120通のメールや手紙が寄せられた。その一部を紹介する。【構成・梅田啓祐】

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2460文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです