メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

LGBTドラマをブームにとどめるな 視聴者に響く、フラットな作品を

 今期のドラマで目立つのが、LGBTをテーマにした作品だ。念のため、LGBTとは、【L】レズビアン(女性同性愛者)、【G】ゲイ(男性同性愛者)、【B】バイセクシュアル(両性愛者)、【T】トランスジェンダー(性別越境者)の総称の一つだ。

 2018年の電通ダイバーシティ・ラボの調査では、日本でLGBT層に該当する人は人口の8・9%を占めるという。15年は7・6%、12年は5・2%で、10人に1人がLGBTという時代の訪れが近づいている。

 松岡昌宏がスーパー女装家政夫を演じる「家政夫のミタゾノ」(ABCテレビ系)は、16年の放送から好評…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文736文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです