メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1~3月期GDPはプラス 市場の予想覆す 年率2.1%増 輸入減が押し上げ

 内閣府が20日、発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0.5%増、この状態が1年続いた場合の年率換算は2.1%増となり、2四半期連続のプラスだった。中国経済の減速で輸出が落ち込んだほか個人消費も停滞したが、輸入が大きく減少し成長率を押し上げた。

 事前の市場予想ではゼロもしくは若干のマイナス成長という見方が多かったが、プラス成長となった。しかし、個人消費と設備投資は2四半期ぶりに減少。輸入の減少も内需の弱さを反映しており、景気の実態は数字ほど良くない可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです