1~3月期GDPはプラス 市場の予想覆す 年率2.1%増 輸入減が押し上げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 内閣府が20日、発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0.5%増、この状態が1年続いた場合の年率換算は2.1%増となり、2四半期連続のプラスだった。中国経済の減速で輸出が落ち込んだほか個人消費も停滞したが、輸入が大きく減少し成長率を押し上げた。

 事前の市場予想ではゼロもしくは若干のマイナス成長という見方が多かったが、プラス成長となった。しかし、個人消費と設備投資は2四半期ぶりに減少。輸入の減少も内需の弱さを反映しており、景気の実態は数字ほど良くない可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文845文字)

あわせて読みたい

ニュース特集