メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グーグル ファーウェイに一部ソフト提供停止へ スマホ事業に打撃の恐れ

華為技術(ファーウェイ)

 【宮崎稔樹、北京・赤間清広】ロイター通信は19日、米IT大手グーグルが中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する一部ソフトの提供停止を決めたと報じた。今後はグーグルのスマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」の更新ができなくなり、Gメールやユーチューブなどの主力ソフトが利用できない事態となる可能性があるという。

 ファーウェイと米企業の取引を禁じた米政府の制裁措置に沿った動き。米ブルームバーグ通信はインテル、クアルコムなどの米半導体大手もファーウェイに対する部品供給を一時中断する方針を固めたとしており、スマホを中心にファーウェイの事業に打撃が広がる恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです