中国電力 高梁川水系ダムを事前放流へ 西日本豪雨で決壊

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新成羽川ダム
新成羽川ダム

 中国電力は20日、1級河川・高梁(たかはし)川水系に設置している発電用「新成羽川(しんなりわがわ)ダム」(岡山県高梁市)について、大雨が予想される際には事前に水位を下げる運用を始めると、流域4市(岡山県倉敷市、総社市、高梁市、新見市)に伝えた。昨年7月の西日本豪雨で高梁川や支流の堤防が決壊し、倉敷市の真備町地区などで大規模な浸水被害が起きたことを受け、4市が要望していた。国土交通省によると、民間の発電目…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集