メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大が「がん免疫療法」専門の研究センター設置へ 国内初

本庶佑・京都大特別教授=川平愛撮影

 京都大が、昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)特別教授らの研究で知られる「がん免疫療法」を専門に研究するセンターを2020年度にも設置する方針であることが関係者らへの取材で分かった。近く国に予算要求する。がん免疫療法について基礎から臨床研究までを行う施設は国内初といい、本庶特別教授がセンター長に就任する予定。

 構想では、研究者数十人を集めて学内で組織化し、がんと免疫の関係について基礎的な研究を進め、治療薬の開発や治験など臨床研究も行う。当面は医学部内の既存施設を活用し、5年後をめどに専用の施設を設置する。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです