メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健やかな成長祈る「獅子パックン」に長蛇の列 山形「酒田まつり」

秋田・山形県境の鳥海山(2236メートル)にちなんだ高さ22.36メートルの立て山鉾(やまぼこ)が酒田市中心部を巡り、威容を示した=山形県酒田市で2019年5月20日、高橋不二彦撮影

 北前船交易で栄えた商都のにぎわいを伝える「酒田まつり」の本祭りが20日、山形県酒田市の中心市街地で行われた。市のシンボル「大獅子」4体を中心とした山車・みこし行列には48団体、総勢約3700人(実行委員会発表)が参加し、威勢良く練り歩いた。

 日枝神社の例大祭「山王祭」を起源とし、江戸時代初期の16…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです