メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健やかな成長祈る「獅子パックン」に長蛇の列 山形「酒田まつり」

秋田・山形県境の鳥海山(2236メートル)にちなんだ高さ22.36メートルの立て山鉾(やまぼこ)が酒田市中心部を巡り、威容を示した=山形県酒田市で2019年5月20日、高橋不二彦撮影

 北前船交易で栄えた商都のにぎわいを伝える「酒田まつり」の本祭りが20日、山形県酒田市の中心市街地で行われた。市のシンボル「大獅子」4体を中心とした山車・みこし行列には48団体、総勢約3700人(実行委員会発表)が参加し、威勢良く練り歩いた。

 日枝神社の例大祭「山王祭」を起源とし、江戸時代初期の16…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 大阪で1日最多19人死亡 新たに501人が感染 新型コロナ

  3. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 梅三小路22日閉館 「笑顔でお別れしなきゃ、ダメなのよ」 梅田の移動ルート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです