情報商材販売会社代表取締役が3億3000万円申告漏れ 一切の所得申告せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京国税局=東京都中央区で、曽根田和久撮影
東京国税局=東京都中央区で、曽根田和久撮影

 仮想通貨の投資などに関するノウハウ「情報商材」を販売する「フィンテックエイジ」(東京都千代田区)の松宮義仁・代表取締役が東京国税局の税務調査を受け、2017年までの5年間に約3億3000万円の申告漏れを指摘されたことが関係者への取材で分かった。松宮代表取締役は一切の所得を申告しておらず、追徴税額は無申告加算…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

注目の特集