メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑草 咲かせた大輪 巨人・上原投手引退

 巨人の上原浩治投手(44)が20日、日米通算21年の現役生活に終止符を打った。東京都内のホテルで引退会見を行い、「満足だけです、今は」と話した。

 開幕から1カ月半での引退決断は、本人のチームに対する最大限の配慮。巨人の編成の幹部によると、上原本人から引退の申し出があったのは5月初めのこと。救援が手薄なチーム事情もあり、幹部は「戦力として考えていたし、監督にも2軍の成績を報告していた」と説明する。当然、慰留に努めたが、「本人の気持ちが強かった」と明かした。

 会見でプロ生活21年間の原動力を問われた上原は「負けたくないという反骨心」と即答した。大阪・東海大…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文595文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  4. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決
  5. 質問なるほドリ クールビズ、効果出てる? CO2を169万トン削減、体感温度も2度低く=回答・大場あい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです