メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

学生ローン44億円肩代わり 米国人富豪が396人分 大学卒業式で宣言

米モアハウス大学の卒業式で、学生ローンの全額肩代わりを宣言した投資家のロバート・スミス氏=南部ジョージア州アトランタで19日、AP

 【ワシントン高本耕太】米南部ジョージア州アトランタの大学で19日に行われた卒業式で、祝辞のスピーチに立った黒人投資家のロバート・スミス氏が卒業生396人の学生ローンを全額肩代わりすると宣言し、大きな話題になっている。背景には、授業料高騰や金利上昇に伴って卒業後にローン返済に苦しむ学生が増加し、社会問題化している米国の現状がある。

 大学は1867年に黒人の地位向上のために設立された私立モアハウス大で、今も学生の大半が黒人。名誉博士号授与のため19日の卒業式に出席したスミス氏はスピーチで、教育の機会が自身の成功にいかに寄与したかを強調した上で「この国に暮らしてきた私の家族8世代を代表し、あなた方を後押ししたい。学生ローンの負担を全額返済するための基金を設ける」と語った。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです