メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

タピオカ「3度目ブーム」定番になるか? お茶ブーム追い風、インスタ映えも

タピオカドリンク好きの客でにぎわう春水堂代官山本店=東京都渋谷区で2019年4月30日、内藤絵美撮影

 「タピる」という言葉をご存じだろうか? その意味は「タピオカドリンクを飲むこと」。黒いツブツブが入ったドリンクの専門店には注文待ちの列ができ、繁華街などでは極太ストローを挿したカップを手にした若者らをよく目にする。ブームの背景を追った。【鈴木美穂】

 東京・代官山の台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」で待ち合わせたのは梅村実礼さん(24)。タピオカドリンクの魅力をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信している「タピオカナビ」の主宰者だ。「タピオカほうじ茶ミルク」を極太ストローで味わうと「おいしい!」と満面の笑みを浮かべた。

 タピオカにハマったのは中学2年の時。2013年にはタピオカ好きが高じて、日本生まれのタピオカドリン…

この記事は有料記事です。

残り2668文字(全文2991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです