メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

タピオカ「3度目ブーム」定番になるか? お茶ブーム追い風、インスタ映えも

タピオカドリンク好きの客でにぎわう春水堂代官山本店=東京都渋谷区で2019年4月30日、内藤絵美撮影

 「タピる」という言葉をご存じだろうか? その意味は「タピオカドリンクを飲むこと」。黒いツブツブが入ったドリンクの専門店には注文待ちの列ができ、繁華街などでは極太ストローを挿したカップを手にした若者らをよく目にする。ブームの背景を追った。【鈴木美穂】

 東京・代官山の台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」で待ち合わせたのは梅村実礼さん(24)。タピオカドリンクの魅力をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信している「タピオカナビ」の主宰者だ。「タピオカほうじ茶ミルク」を極太ストローで味わうと「おいしい!」と満面の笑みを浮かべた。

 タピオカにハマったのは中学2年の時。2013年にはタピオカ好きが高じて、日本生まれのタピオカドリンク店「パールレディ」のイメージガールを務めた。「一日で3杯飲む日もあります。ミルクティーが定番ですが、ベースのお茶を変えれば飲み口も気分も変わります。これまでに1200杯は飲みましたが、飽きることがありません」

この記事は有料記事です。

残り2563文字(全文2991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです