メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

氷川きよし 「歌唱の質 さらに」 20周年控え、責任感強く

 演歌歌手の人気者、氷川きよしがデビュー20周年を控え、活発な活動を行っている。3月に記念曲「大丈夫」(コロムビア)を発売。現在、大阪の新歌舞伎座で芝居とコンサートの記念公演中(27日まで)。さらに7月11、12日に日本武道館でコンサートを開催する。

 氷川は2000年2月2日「箱根八里の半次郎」でデビュー。「やだねったら、やだね」のフレーズで一気に知名度を上げた。伸びのある明るい声、ドロドロした情念ではなくすがすがしい心情の表現が、それまでの演歌にない新鮮さを感じさせ多くの支持を受けた。この点で演歌界に与えた影響は大きい。

 さらに、ジャンルを超えた歌唱も魅力で、リズムやグルーブの強いロック、Jポップも見事に歌いこなして評…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです