メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

氷川きよし 「歌唱の質 さらに」 20周年控え、責任感強く

 演歌歌手の人気者、氷川きよしがデビュー20周年を控え、活発な活動を行っている。3月に記念曲「大丈夫」(コロムビア)を発売。現在、大阪の新歌舞伎座で芝居とコンサートの記念公演中(27日まで)。さらに7月11、12日に日本武道館でコンサートを開催する。

 氷川は2000年2月2日「箱根八里の半次郎」でデビュー。「やだねったら、やだね」のフレーズで一気に知名度を上げた。伸びのある明るい声、ドロドロした情念ではなくすがすがしい心情の表現が、それまでの演歌にない新鮮さを感じさせ多くの支持を受けた。この点で演歌界に与えた影響は大きい。

 さらに、ジャンルを超えた歌唱も魅力で、リズムやグルーブの強いロック、Jポップも見事に歌いこなして評…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです