メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の叙勲

道内から230人 /北海道

元北海道スケート連盟理事長の高橋貞夫さん

 春の叙勲は道内から230人が選ばれた。社会の各分野で顕著な功績を上げた人に贈られる旭日章が46人、公共性のある仕事に長年従事してきた人が対象の瑞宝章は184人。発令は21日。受章者は名簿の通り。

 ◆旭日単光章

選手育つ良い環境を 元道スケート連盟理事長 高橋貞夫さん(84)

 五輪選手を多数輩出したスケート王国の道内で、約60年間にわたり競技普及や選手強化に取り組んできた。スポーツ振興への貢献が評価された旭日単光章受章に「私一人ではなく、一緒に活動してきた道内のスケート関係者全員を代表していただいた」と感謝した。

 小学生でスケートを始めた。1951年に苫小牧東高入学後、競技のスピードスケートを本格的に始め、わずか9カ月後に長野県茅野(ちの)市の蓼科(たてしな)湖で開催された第1回全国高校選手権大会に出場。「当時は全国の選手たちのタイムもわからないだけに楽しみで仕方がなかった」と挑んだ大会で、個人500メートルと2000メートルリレーの2冠を達成した。

この記事は有料記事です。

残り4569文字(全文5000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです