メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の叙勲

道内から230人 /北海道

元北海道スケート連盟理事長の高橋貞夫さん

 春の叙勲は道内から230人が選ばれた。社会の各分野で顕著な功績を上げた人に贈られる旭日章が46人、公共性のある仕事に長年従事してきた人が対象の瑞宝章は184人。発令は21日。受章者は名簿の通り。

 ◆旭日単光章

選手育つ良い環境を 元道スケート連盟理事長 高橋貞夫さん(84)

 五輪選手を多数輩出したスケート王国の道内で、約60年間にわたり競技普及や選手強化に取り組んできた。スポーツ振興への貢献が評価された旭日単光章受章に「私一人ではなく、一緒に活動してきた道内のスケート関係者全員を代表していただいた」と感謝した。

 小学生でスケートを始めた。1951年に苫小牧東高入学後、競技のスピードスケートを本格的に始め、わず…

この記事は有料記事です。

残り4691文字(全文5000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです