メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ北海道

100メートルの五輪参加標準記録突破 小池選手、世界陸上200メートルに弾み /北海道

男子100メートル決勝で力走した小池祐貴=大阪市のヤンマースタジアム長居で

「エンジン一回り大きく」

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪が19日、大阪市のヤンマースタジアム長居であり、江別市の立命館慶祥高出身で昨年のアジア大会200メートル金メダリストの小池祐貴選手(24)=住友電工=が、男子100メートルで来年の東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破し、自己ベスト(10秒17)を大きく更新する10秒04で4位に入った。快進撃のまま、専門の200メートルは9月開幕の世界陸上で決勝進出を目指す。【荻野公一】

 「エンジンが一回り大きくなった」。冬季にウエートトレーニングで腹部を鍛え、体重が2キロ増した。体幹…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです