ライオン

生後7カ月の「サン」と「なお」一般公開 家族連れでにぎわい 仙台・八木山動物公園 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一般公開が始まった2頭の子どもライオン。左が雄の「サン」。右が雌の「なお」=仙台市八木山動物公園で
一般公開が始まった2頭の子どもライオン。左が雄の「サン」。右が雌の「なお」=仙台市八木山動物公園で

 仙台市八木山動物公園(同市太白区)で、生後7カ月の雄と雌のライオン2頭の一般公開が始まった。公開時間は午前9時から1時間程度で、今後、2頭の様子を見ながら徐々に公開時間を延長する。

 同動物公園にはライオンが2頭いたが、雄が2016年、雌が18年に死んだ。しばらくライオン不在の状態だったが、今年3月に広島市安佐動物公園から雄の「サン」が、秋田市大森山動物園から雌の「なお」が相次い…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集