メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の叙勲

屋外広告発展に尽力 旭日双光章の柳誠さん /栃木

旭日双光章を受章した柳誠・県屋外広告美術協同組合理事長=栃木県佐野市田沼町の自宅で

 長年にわたる地方自治や教育、社会福祉などへの功績をたたえる秋の叙勲が21日付で発令され、県内では66人が受章した。内訳は、議員や産業振興などの功績があった人に贈られる旭日章が20人、国や自治体の公務に貢献した人への瑞宝章が46人。県内の受章者に喜びの声を聞いた。

 列車の車窓から見える屋上広告やビルに張り付いた袖看板、まちを彩るさまざまなサイン--。県屋外広告美術協同組合の理事長を3期7年にわたり務め、県内の屋外広告の発展に尽力してきた。

 組合には現在87社が加入。その数は神奈川や埼玉などより多く、関東では東京に次いで2番目だという。「…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです