メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

包括連携協定

佐久学園と聖路加国際大 看護や介護、人材育成へ /長野

包括連携協定に調印した糸魚川順・聖路加国際大理事長(左)と盛岡正博・佐久学園理事長=長野県佐久市の佐久大で

 佐久大(佐久市)を運営する学校法人「佐久学園」と、聖路加国際大(東京)が20日、保健医療・看護・福祉職の人材育成を目指した包括連携協定を結んだ。地方と都会の双方の特長を生かして教育・研究の充実を図る。

 佐久学園は看護学部を持つ佐久大と介護・福祉教育を行う短期大学部を有し、地域医療・ケアの先進地として知られる佐久地域の高等教育を担う。聖路加…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです