メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河ドラマ

麒麟がくる「幸先良いスタートに」 主演・長谷川さんが墓参 大津 /滋賀

明智光秀とその一族の墓に手を合わせる長谷川博己さん=大津市坂本5の西教寺で、諸隈美紗稀撮影

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のクランクインを前に、主人公の戦国武将・明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さん(42)が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺として知られる西教寺(大津市坂本5)を訪れ、撮影開始を報告した。

 西教寺のある坂本にはかつて光秀が築いた坂本城があり、境内には光秀の妻をはじめ一族の墓がある。

 墓参りを前に、長谷川さんは西教寺が所蔵する光秀直筆の書状「供養米寄進状」について、蜂谷真勝(しんし…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです