近畿産業信用組合

中央区にビル完成、本店移転 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
近畿産業信用組合近畿産業信用組合新本店のオープニングセレモニーでテープカットする大本崇博理事長(左から4人目)ら=大阪市中央区淡路町2で、大道寺峰子撮影
近畿産業信用組合近畿産業信用組合新本店のオープニングセレモニーでテープカットする大本崇博理事長(左から4人目)ら=大阪市中央区淡路町2で、大道寺峰子撮影

 近畿産業信用組合の新本店ビルが、大阪市中央区淡路町2に完成。従来の天王寺区から、20日に移転オープンし、テープカットなどが行われた。

 新本店は地上18階地下1階建て延べ床面積約1万1千平方メートル。断熱性に優れたガラスで外壁を覆う「ダブルスキン構造」の採用などで、高い省エネ性を達成した。ガラスの内…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集