メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿産業信用組合

中央区にビル完成、本店移転 /大阪

近畿産業信用組合近畿産業信用組合新本店のオープニングセレモニーでテープカットする大本崇博理事長(左から4人目)ら=大阪市中央区淡路町2で、大道寺峰子撮影

 近畿産業信用組合の新本店ビルが、大阪市中央区淡路町2に完成。従来の天王寺区から、20日に移転オープンし、テープカットなどが行われた。

 新本店は地上18階地下1階建て延べ床面積約1万1千平方メートル。断熱性に優れたガラスで外壁を覆う「ダブルスキン構造」の採用などで、高い省エネ性を達成した。ガラスの内…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです