日本遺産

西国三十三所観音巡礼 息づく終活の旅 県内から三つの寺と3観音像 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本遺産に認定された西国三十三所の第一番札所・青岸渡寺=和歌山県那智勝浦町で、佐藤泰則撮影
日本遺産に認定された西国三十三所の第一番札所・青岸渡寺=和歌山県那智勝浦町で、佐藤泰則撮影

 文化庁は20日、歴史的に魅力のある「ストーリー」を評価する「日本遺産」を新たに16件、認定した。このうち、近畿2府4県と岐阜県の計24市町村が申請していた「1300年つづく日本の終活の旅~西国三十三所観音巡礼~」も認められた。県内からは三つの寺と観音像3体がこの中に選ばれた。

 県内で構成文化財として選ばれたのは、巡礼の第一番札所・青岸渡寺(那智勝浦町)と六臂如意輪観音坐像(ろっぴにょいりんかんのんざぞう…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集