メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通潤酒造

地震被災の熊本最古の酒蔵、もてなしの場に再生 観光客に日本酒の魅力発信 /熊本

築225年の柱や梁をそのまま生かして再生した寛政蔵で「エンターテインメント産業に生まれ変わるつもりで造った」と語る山下さん

 来年で創業250年を迎える熊本県山都町浜町の「通潤酒造」が、熊本地震で傾いた熊本県内最古の酒蔵を改修し、ゆったりとくつろぎながら日本酒を楽しめる観光酒蔵として再生させた。国内だけでなく海外からの観光客もターゲットに「日本酒の本当のおいしさを発信できるおもてなしの基地にしたい」と社長の山下泰雄さん(56)は意気込む。【福岡賢正】

 同社は江戸時代の1770(明和7)年創業で、敷地内には1794(寛政4)年に建てられた県内最古の「…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです