メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特攻祈念祭

120人、不時着地で平和祈る 黒島 /鹿児島

 太平洋戦争末期に沖縄戦線へ向けて出撃した旧日本軍の特攻機が近海に相次ぎ不時着した、鹿児島県・黒島(三島村)で、特攻平和祈念祭が開かれた。島民や特攻兵の遺族ら約120人が集い、亡くなった人々を悼んだ。

 参列者は式典に先立ち、特攻機が不時着した海域で船上から黙とう。村立大里中2年の錦谷竹蔵さん(14)は「異なる意見を尊重し、平和を守り抜く」と力強く語り、反戦を誓っ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです