メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

年2.1%増、輸入減が押し上げ 内需弱さ反映 1~3月

 内閣府が20日発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0・5%増、この状態が1年続いた場合の年率換算は2・1%増となり、2四半期連続のプラスだった。輸入の急減で、輸出との差額である「純輸出」(外需)が増えてGDPを押し上げたのが主因。輸入急減は内需の弱さを反映しているうえ、個人消費もマイナスになるなど景気の現状は弱含みになっている。【森有正】

 速報値の内訳をみると、GDPの約6割を占める個人消費は前期比0・1%減。前期(18年10~12月期)の0・2%増からマイナスに転じた。暖冬の影響で冬物衣料の販売が落ち込んだほか、自動車販売も振るわなかった。設備投資も0・3%減。中国経済の減速などで製造業を中心に投資意欲が鈍ったほか、自然災害から回復した前期に2・5%増と大幅に増加した反動があった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです