メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工訴訟

仲裁委要請 日本、韓国政府に通知

 日本政府は20日、日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決を巡り、1965年の日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を韓国政府に要請した。仲裁委は第三国を交えた枠組みで、設置要請は初めて。日本側は協定に基づく「政府間協議」を申し入れているが、韓国側が応じないため仲裁委への移行に踏み切った。韓国外務省は「慎重に検討していく」との談話を出したが、設置に応じるかは見通せていない。

 日本政府は、昨年10月に韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じたことを受け、「賠償問題は請求権協定で解決済みだ」と主張し、韓国政府に賠償の肩代わりなどを求めた。だが、韓国司法当局は1月9日に日本企業の資産差し押さえを決定。日本政府は同日に政府間協議を要請した。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです