メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
検証

GDP、年2.1%増 三井住友信託銀行の花田経済調査チーム長、東海東京調査センターの武藤チーフエコノミストの話

高まる下振れリスク 三井住友信託銀行の花田普経済調査チーム長の話

 予想していたよりずいぶんと強い数字が出た。ただ個人消費と設備投資、輸出の三つの重要項目がマイナスになっている。企業は、米中貿易摩擦の激化や中国の景気後退に対する懸念を深めており、こうした姿勢が輸出や設備投資の弱さに表れた。今後、中国の経済対策が奏功して、輸出が下げ止まり、ゆっくりと回復してくることで景気後退は避けられるというのが基本的な経済見通しだ。一方で、米中間の先行き不透明感が増…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです