メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

制度導入10年 裁判員、安定運用に課題

 21日に制度施行から10年を迎える裁判員裁判。法曹三者が運用はおおむね順調との認識を深める中、公判前整理手続きの長期化や、裁判員の辞退率上昇など、安定的な運用には課題もあがっている。制度見直しの議論も続いている。

公判前手続き長期化 薄れる証人の記憶

 「裁判が始まるまで、こんなに時間がかかるのか」。2018年11月、大阪地裁。裁判員として公判に臨んだ30代の男性は「法廷に立つ人たちはきちんと記憶しているのだろうか」と心配になった。

 被告の男(49)は、15年8月に大阪府寝屋川市の中学生の男女2人を殺害したとして起訴された。年内に…

この記事は有料記事です。

残り2610文字(全文2877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです