憲法改正

解散風、争点に浮上 「3分の2」失う可能性も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相が夏の参院選を前に、憲法改正の訴えを強めている。参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行うとの観測が広がる中、消費増税延期でなく改憲が争点に浮上しつつある。ただし、衆院で議席を減らせば、改憲発議に必要な「3分の2」を失うリスクもある。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1467文字)

あわせて読みたい